ケナガウシステーキ

ナイトちゃん:

「きいて!!!!!!!!!」


白さん:

「なになに?聞いてるよー。」


ナイトちゃん:

「それはうそ……白さんお仕事してる時はなにも聞いてない……。」


白さん:

「まぁお仕事中だからね、しかたない。」


ナイトちゃん:

「ウムー、しかたない……?」


白さん:

「それでなんの話だったの?」


ナイトちゃん:

「なんだっけ?」


白さん:

「うーん、なんだろうねえ……。」


ナイトちゃん:

「あっ!! そうなの、きいて!」


白さん:

「うんうん、なぁに?」


ナイトちゃん:

「マケボを見て欲しいの!」


白さん:

「ほうほう。」


ナイトちゃん:

「ご飯を見て欲しいの!」


白さん:

「ふむふむ。」


ナイトちゃん:

「あたらしい不屈系ご飯『ケナガウシステーキ』が出品されているの!」


白さん:

「おおー、ほんとだね!」


ナイトちゃん:

「今まではずっと爽やか系ご飯、ちらし寿司を食べていたの。」


白さん:

「爽やかかな…?」


ナイトちゃん:

「ちらし寿司はたんすいかぶつ?で太りやすいけど、ケナガウシステーキはたんぱくしつ?だから太らないの!」


白さん:

「あー、今流行の炭水化物ダイエットね。」


ナイトちゃん:

「これからはどこかに行くたびにナイトちゃんはステーキを食べるの!」


白さん:

「ナイトちゃんはお肉大好きだねー。」


ナイトちゃん:

「何処にも行かない日も、ハウジングでステーキを食べるの!」


白さん:

「それはすてーきな食生活ね!」


ナイトちゃん:

「まじめに聞いて!」