Blog

 冒険をしていて、危険な目にあった事は無いかな?あのリスキーモブを倒したいけど、自分では倒せない……。そんなあなたに、オススメな商品が「青魔導士カンタン入門セット」だ。

 青魔導士……?聞いた事無い……?

 青魔導士は、蒼茫洋を越えた海の向こう、新大陸に住む少数部族「ワラキ族」の魔法だ。エオルゼアにはたくさんの獣や魔物がいるけど、そいつらの使ってくる技は大変強力で卑怯だと思った事はないか?「ワラキ族」は獣や魔物が使ってくる様々な技を覚えて、自らのスキルとして使う事ができる、それこそが青魔法なのだ!

 今ならカンタンに青魔導士になれる「青魔導士カンタン入門セット」を買うだけ!お値段も特価でご用意!

 ちょっと待った!今ならなんと数量限定先着で青魔導書も付いてきて、お値段そのまま!


 獣や魔物が使ってくる強力な技を覚えて、今日から君も青魔導士だ!



この記事は広告です。

白さん:

「ナイトちゃん、アロハウソウソの入手方法はサブマリンボイジャーらしいよ!」


ナイトちゃん:

「あれー? せんすいかん毎日見ているけど、うちのせんすいかんは持ってきてくれないよ?」


白さん:

「あらー、そうなのかー。溺没海07で入手できるらしいって情報が出ているんだけどねー。」


ナイトちゃん:

「ああー! 7にはいけない!うちのせんすいかんはそこまでお散歩できない!」


白さん:

「7にはまだ行けないのかー。残念!」


ナイトちゃん:

「っていうか、アロハちゃんは海に沈んでるの!? せんすいウソなの……!?」


白さん:

「えーっとね、アロハウソウソは乗っていた釣り船が転覆して漂流しているらしいよ?」


ナイトちゃん:

「えぇー!? 漂流してるの!?早く助けてあげないと!」


白さん:

「そのためには、早く溺没海07に行けるようにならないとね。」


ナイトちゃん:

「まだ03までしか行けないよー!アロハちゃん待っててー!」

 東アルデナード商会が新規事業に伴い、大規模な求人を行っている。東アルデナード商会は、ウルダハ国の政治を担う砂蠍衆の一人ロロリト・ナナリト氏が会長職を務める企業だ。


 東アルデナード商会の新規事業は、ロッホ・セル湖から採れる高品質な湖塩をエオルゼア各地に流通させるもので、アラミゴ国復興事業の一環としてウルダハ・ウル王朝との共同事業となっている。ロッホ・セル湖の畔にあるソルトリーでは、湖塩の生成が日夜行われており、そこからウルダハ国にある東アルデナード商会の倉庫へ納品されている。


 今回の大規模求人は、霊災難民対策の一環でもあり、ウルダハ国のナル大門付近のストーンズスロー貧民窟からも大規模な採用となった。ロロリト・ナナリト氏が行った今回のロッホ・セル湖塩大規模求人と、ゴッドベルト・マンダヴィル氏が行ったゴールドソーサー難民採用によって、ウルダハ国における霊災難民対策は一応の目処が立ったと言えよう。第七霊災から早10年、ここから新たな時代の幕開けとなり、エオルゼア各地の景気が回復していく事を願う。



エオルゼア・トリビューン

ナイトちゃん:

「はりねずみちゃんがほしい!」


白さん:

「突然ね。」


ナイトちゃん:

「今日、クガネのマケボの前にはりねずみちゃん連れている人がいたの!ナイトちゃんもほしい!かーわいいー!」


白さん:

「あー、ヘッジホッグね。ウズネアカナルで入手できるらしいよ。」


ナイトちゃん:

「ウズネアカナルかー、ナイトちゃんたちが地図やっても開かないのよねー。なんでだろー。」


白さん:

「ヘッジホッグが欲しいのに、ウズネアカナルが開かない。ナイトちゃんのジレンマね。」


ナイトちゃん:

「ジレンマ?」


白さん:

「ジレンマは怪獣の名前よ。全長約80ヤルム、重さ47777トンズの巨体なナメクジっぽい姿をしているのよ。」


ナイトちゃん:

「ほええ……? 白さんが何言ってるのかわかんない……ナイトちゃんは怪獣なの……?」


白さん:

「ジョークよ!」


ナイトちゃん:

「もー、ふしぎな事いってないで、どうやってはりねずみちゃんを入手するか考えてー!」

 南ザナラーンに広がるサゴリー砂漠にひときわ輝く建物、冒険者たちに人気の娯楽施設「マンダヴィル・ゴールドソーサー」に新アトラクション「魔導雀荘マンダヴィル」がオープンした。東州オサード小大陸にあるドマ国で人気のボードゲーム「ドマ式麻雀」が気軽に楽しめる注目のアトラクションだ。

 「ドマ式麻雀」がカジュアルに楽しめる用にゴールドソーサーが用意した雀士との対戦や、参加者同士でレートを掛けて段位を競う公式戦など、この空間でしか味わえないワクワクとドキドキが楽しめる。


 「ドマ式麻雀」の初心者は、まず最初にゴールドソーサーが接待用に用意した雀士とお手軽に楽しめる初級ドマ式麻雀卓に行ってみるのが良いだろう。スプリガン、モーグリ、マンドラゴラといったお馴染み顔ぶれが、初心者にも優しく手ほどきをしてくれる。

 今回の「魔導雀荘マンダヴィル」のオープンに向けて、ギラバニアのラールガーズリーチから訪れ3日前の5日から並んでいたハイランダーの男性は「世界的ですもんね。乗るしかない、このビックウェーブに!」と語り、2日間徹夜で並んだ疲れを見せずに、「魔導雀荘マンダヴィル」オープンと同時に初級ドマ式麻雀卓に着席をした。



エオルゼア・トリビューン

ナイトちゃん:

「降神祭でもらった門松をかざろっと。」


ナイトちゃん:

「ほわー!傘がくるくるまわっている!」


ナイトちゃん:

「傘の上でいのししちゃんのぬいぐるみ回っているの、かわいいねー。」


ナイトちゃん:

「ずっと見てられる……。」


ナイトちゃん:

「この傘の上にタイニークァールちゃんも乗せたら、どうなるかなー?」


ナイトちゃん:

「クァールちゃんおいでー。」

白さん:

「ナイトちゃん、それは虐待よ!」


タイニークァール:

「ふにゃー!」


ナイトちゃん:

「タイニークァールちゃんがくるくる回って、いい運動になるとおもうよ?」


白さん:

「正月太りのナイトちゃんが乗って走った方がいいんじゃない?」


ナイトちゃん:

「そんなにふとってない!ちょっとだけ!」

ダルマスカ王国の難民を受け入れへ

 9日、エオルゼア同盟軍と東方連合は、ダルマスカ王国難民を受け入れると発表した。


 ダルマスカ王国は、東州オサード小大陸のヤンサの南西にあるダルマスカ砂漠一帯を支配していた国である。30年前にガレマール帝国が侵攻し、ダルマスカ王国バナルガン王朝が断絶した。その後、ガレマール帝国軍第IV軍団支配のもと、ガレマール帝国の植民地として存続していたが、17年前のバルハイムの反乱に対応した第IV軍団及び第XIV軍団によって首都ラバナスタは大きく荒廃し、反乱の首謀者は粛清され、多くの住民は難民となった。

 今回、ダルマスカ王国難民の受け入れを、ダルマスカ王国レジスタンス「レンテの涙」より要請があり、エオルゼア同盟軍と東方連合は協議の結果、受け入れる方針となった。

 エオルゼア同盟軍が受け入れていたドマ国の難民は、ドマ国の奪還に伴い帰還事業が完了し余裕ができているという。今回は、ドマ国難民が抜けたところにダルマスカ王国難民を受け入れる形となりそうだ。


 エオルゼア同盟軍側では、都市国家ウルダハの政治を担う砂蠍衆の一人、ゴッドベルト・マンダヴィル氏が大きく関与しているとみられる。ゴッドベルト氏は自身が経営しているマンダヴィル・ゴールドソーサーの女性従業員にウサギをモチーフにしたウサ耳型ヘアバンドを付け、ウサ尻尾付きの肩出しボディスーツやレオタードなど、身体の線が出る衣装の着用を義務としている。この格好はダルマスカ王国の近隣にあるゴルモア大密林に居住するヴィエラ族を模した物とされている。

 ゴッドベルト氏は、第七霊災の難民を多く自身が経営するゴールドソーサーで雇っている事から、今回の難民受け入れでも、ヴィエラ族をゴールドソーサーで雇い、アトラクションの華とする計画とみられている。



エオルゼア・トリビューン

白さん:

「ん……。世界に光が戻るタイミングが15分ほど早くなると神さまからお告げが!」


白さん:

「ナイトちゃん、ナイトちゃん!」


ナイトちゃん:

「乙Zz……。」

白さん:

「ナイトちゃん!予定より早いけど、もう起きてー!」


ナイトちゃん:

「むにゃむにゃ……まだたべられるよぉ……。」


白さん:

「ナイトちゃん、夢の中で食べすぎ!太るよ!」

7日の19時ごろ…


白さん:

「ナイトちゃーん、もうすぐ世界が真っ暗になっちゃうからお布団はやく入りなー。」


ナイトちゃん:

「ちょっと待ってー! クァールちゃんにご飯あげとかないと!」


白さん:

「時間は待ってくれないよ!」


ナイトちゃん:

「そんなー!」


パッ……


ナイトちゃん:

「あー! まっくらになっちゃった!!」


白さん:

「ほらー、だから言ったでしょ!」


ナイトちゃん:

「あいたっ! なんかけった!」


ナイトちゃん:

「あっ! なんかふんだ!」


タイニークァール:

「フニャー!!」


白さん:

「本日、星1月5日は、イチゴの日なんだよー。」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃん、イチゴだいすき!」


白さん:

「ナイトちゃん、イチゴ好きだから今日の為に採ってきてあるのよ。」


ナイトちゃん:

「えっ!?ほんと?」


白さん:

「はい!低地ドラヴァニア産のスナーブルベリーよ。どうぞ召し上がれ!」

ナイトちゃん:

「ほわー、おっきい……。」


白さん:

「HQだからね!まだまだ、たくさんあるから、召し上がれー!」


ナイトちゃん:

「わーい、いただきまーす!」


ぱくっ!


白さん:

「えっ!?あのサイズのイチゴを一口で食べたの!?」


ナイトちゃん:

「おかわり!」

実家から戻ってきたナイトちゃん


ガチャ


ナイトちゃん:

「ただいまー!ナイトちゃんがかえってきたよ!」


シーン……


ナイトちゃん:

「あれー?白さんいない?寝室かな?」


寝室に向かうナイトちゃん


ガチャ


ナイトちゃん:

「ばーん!ナイトちゃんだよ!」


シーン……


ナイトちゃん:

「あれ?白さんいない……。」

ナイトちゃん:

「むー、白さん、どこいったのー?」


ガチャ


白さん:

「あれ?ナイトちゃん、戻ってたのー?」


ナイトちゃん:

「もー、白さん!ナイトちゃんがせっかく帰ってきたのにいないとか、ひどい!」


白さん:

「ごめんごめん、ちょっとウルフパップちゃんとジョギングに行ってたのよ。」


ナイトちゃん:

「えー!新年そうそうストイック!」


白さん:

「ナイトちゃんは変わりなかった?」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんはなにもかわってないよ!」


白さん:

「本当にそうかなー?ちょっと顔が丸くなったような……?」


ナイトちゃん:

「えー!新年そうそうひどい!」