Blog

白さん:

「ナイトちゃん、今日のお昼はクガネにご飯食べに行かない~?」


ナイトちゃん:

「いくー!」


白さん:

「それじゃ、ナイトちゃんクガネにテレポよろしくねー。」


ナイトちゃん:

「そうだった!ナイトちゃんはクガネ無料テレポ係だったのだ……。テレポするねー!」


クガネに到着


ナイトちゃん:

「どこのお店にいくのー?」


白さん:

「小金通りに評判のお店があるのよー。そこに行ってみようかと思いますー!」


ナイトちゃん:

「こがねどーり?」


白さん:

「マケボのある通りの名称が、小金通りよー。」


ナイトちゃん:

「へー、白さんは何でも知っているなー。」


白さん:

「何でもは知らないよ、知ってい……。」


ナイトちゃん:

「あ、あの雲に乗ったおさるさんのミニオンかわいい!」


白さん:

「……。」


お店の前に到着


白さん:

「このお店っぽいかなー?」


ナイトちゃん:

「おー、なんかおいしそうなにおいがする!」


白さん:

「入ってみよー。」


ナイトちゃん:

「はーい。」


ガラガラ……


ナイトちゃん:

「わー、でっかいアクアリウムがいっぱいあるー。」

ナイトちゃん:

「おさかなかわいいなー。」


白さん:

「そういえば、ハウジング法が改正になって、室内に置けるアクアリウムの数が増えるらしいね。」


ナイトちゃん:

「おさかな!さば。さんま。ぶり。にしん。いわし。あじ。はまち。さめ。」


白さん:

「その水槽の中から、食べたいお魚を選ぶと、活け造りにしてくれるよ。」


ナイトちゃん:

「このおさかなたちは、食べられるためにここで暮らしてるのね……せちがらい……。」


白さん:

「じゃあ、食べるのやめとく?他のお店にする?」


ナイトちゃん:

「それはまた別のはなし! ナイトちゃんは……たべる!」

 本日、星3月22日より宿屋連盟が発していた「客室内でのクラフター行為を禁ず」の条文が撤廃となった。宿屋連盟は、冒険者ギルドと提携し冒険者に優先的に客室を提供していたが、隣の客室がうるさいという苦情が相次ぎ、客室内でのクラフター行為を禁止していた。今回、条文が撤廃された宿は、旅館「とまり木」、宿屋「ミズンマスト」、宿屋「砂時計亭」、旅籠「九つの雲」、温泉宿「望海楼」の5つ。

 客室でのクラフター行為を禁止したところ、宿の入り口周辺でクラフター行為を行う冒険者が続出。ガラが悪い、危険などの噂がたち、一般の客足が遠のいていた。今回、木工ギルドとイシュガルド国アインハルト家の協力もあり、客室に防音工事を施し客室内でのクラフター行為の解禁となった。

 イシュガルド国のキャンプ・クラウドトップで飼育されている羊の羊毛は防音性が高く、これを客室の壁の中に埋め込み、隣の客室への騒音を防ぐ事に成功した。

 旅館「とまり木」に併設しているカーラインカフェの店主ミューヌさんは、「これで、店内でクラフターをする冒険者が減るね。他のお客様に騒音が迷惑だったんだけど、冒険者ギルドの窓口をやっている手前、無下にはできなかったから助かるよ。」と話してくれた。



エオルゼア・トリビューン

21日の昼頃のお話


白さん:

「ナイトちゃん、今日の19時から世界は闇に閉ざされます。」


ナイトちゃん:

「日が暮れて、夜になるってこと?」


白さん:

「ちがうよー。常闇に包まれて、全ての光は遮断されるの。」


ナイトちゃん:

「えー! なにそれこわい!」


白さん:

「真っ暗な中で動くと物にぶつかって怪我をするから、世界中の人はその間寝ています。」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんも寝るの?」


白さん:

「でも、その常闇の中で唯一許されている行為が、神様のお告げを聞く事。」


ナイトちゃん:

「ゆるされるの!? 神様のお告げ? 神様ってはいでりん?」


白さん:

「今日の21時から、神様が明日以降の未来を予言してくれるのよ。」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんのダイエットの結果も予言してくれるかな?」


白さん:

「それは、ちょっとわからないなー。」


ナイトちゃん:

「ちなみに、それってほんと?」


白さん:

「それは、ちょっとわからないなー。」


ナイトちゃん:

「白さん、なんか顔、赤くない?」


白さん:

「んー、なんかちょっとぼーっとするねー。」


ナイトちゃん:

「白さん、それ熱あるよ!」


白さん:

「あれー……?」


ナイトちゃん:

「白さん、寝ないと!」


白さん:

「でも、今週の虚構終わってないし……。」


ナイトちゃん:

「えー、虚構とか少しくらい足りなくてもだいじょぶでしょ!」


白さん:

「えー……。」


ナイトちゃん:

「白さん、22日楽しみなんでしょ!ちゃんと治さないと!」


白さん:

「ウィルナしておけばへーきへーき……。」


ナイトちゃん:

「そんな魔法ないよ!白さん、記憶がゴチャゴチャになっている!」


白さん:

「えー……?」

ナイトちゃん:

「やばいね!」


白さん:

「いきなりどうしたの? なにがやばいの?」


ナイトちゃん:

「さいきん美味しいものを色々たべたの。」


白さん:

「ナイトちゃんはいつでも美味しいものを色々たべてるよね!」


ナイトちゃん:

「い、いつでもじゃないよ……?? やばみが深まったときは食べてないよ……?」


白さん:

「やばみがふかまるのかー。いまも深まってるの?」


ナイトちゃん:

「うむー。ちょっと、ご飯への遠慮を忘れがちだった。おのれのよくぼーにちゅーじつに従いすぎたなってかんじ。」


白さん:

「よくぼーにちゅーじつナイトちゃんだったのかー。気が付かなかった。」


ナイトちゃん:

「白さんはスレンダーだからステキ。うらやましい。ナイトちゃんの体重あげたい。」


白さん:

「毎朝ウルフパップちゃんと一緒にジョギングしてるからね!」


ナイトちゃん:

「うう……意識高いよお……ナイトちゃんにはムリだよお……。」


白さん:

「とりあえず、体重計ってきてみたら? 測ったら油断してたのかどうかが分かるよ。」


ナイトちゃん:

「ぐぬぬ……いたしかたない……こわい……。」


白さん:

「がんばって! ファイト!!」


~1分後…~



ナイトちゃん:

「やったぜ!」


ナイトちゃん:

「さいきん、暑くなってきたよねー。」


白さん:

「そうねー。」


ナイトちゃん:

「タイツだと暑くなってきたから、そろそろストッキングが良い季節だと思うんよー。」


白さん:

「暑いなら、素足でいいんじゃない?」


ナイトちゃん:

「やだ! 生足は恥ずかしい!!」


白さん:

「なるほどー、女の子は難しいね!」


ナイトちゃん:

「そんなわけで、ストッキングな季節なんだけど……。」


白さん:

「ふむふむ?」


ナイトちゃん:

「いい感じのストッキングが、錬金術師専用装備しかないのよねー。」

白さん:

「このナイトちゃん、セクシーね。」


ナイトちゃん:

「もう、白さん!せくはら!」


白さん:

「えー、褒めただけやーん。」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんのことはどうでもいいから、脚装備を見て!」


白さん:

「あー、錬金術師AFねー。Lv50で着れるやつ。」


ナイトちゃん:

「そうそう。」


白さん:

「あれは、タイトスカートにストッキングで良い感じよねー。」


ナイトちゃん:

「なので、ナイトちゃんは強く要望したい!」


白さん:

「ほうほう。」


ナイトちゃん:

「Lv50の錬金術師専用装備の脚装備と同じグラの装備がほしい!」


白さん:

「どんどんぱふぱふ~♪」


ナイトちゃん:

「最新のジョブ専用装備は、ジョブ縛りあってもいいから、そろそろ新生時代の装備はジョブ縛りが外れちゃってもいいんじゃないかなーって思うんよねー。」


白さん:

「新生の時のギャザクラ装備は独自なデザインが多いから、他のジョブでミラプリできるようになると、オシャレの幅が広がっていい感じねー。」


ナイトちゃん:

「ストッキング実装タノムー!」


白さん:

「Lv50の頃のギャザクラ装備のジョブ制限解除タノムー!」

昨日の記事「どうぶつのことば」の続き


ナイトちゃん:

「それじゃ、それじゃさ、白さんはウルフパップちゃんの言葉わかるの?」


白さん:

「わかるよ。」


ナイトちゃん:

「えっ!?」


白さん:

「わたしとウルフパップちゃんの仲だからねー。」


ナイトちゃん:

「ほんとー?」


白さん:

「本当よ!『わん!』って言った時は『わかったー!』って意味よ。」


ナイトちゃん:

「ふぇ?」

白さん:

「ウルフパップちゃん、ごはんだよー。」


ウルフパップ:

「わん!」


白さん:

「わかったーって言っているね。」


ナイトちゃん:

「ふむぅ。」


白さん:

「ウルフパップちゃん、お散歩いくよー!」


ウルフパップ:

「わん!」


白さん:

「わかったーって言っているね。」


ナイトちゃん:

「ふむぅ……。」


白さん:

「ウルフパップちゃん、新聞もってきてー!」


ウルフパップ:

「わん!」


白さん:

「わかったーって言っているね。」


ナイトちゃん:

「わん!」


白さん:

「わかったーって言っているね。」



ナイトちゃん:

「ねむたい!」


白さん:

「また夜更かししたの?」


ナイトちゃん:

「タイニークァールちゃんが、あそぼーって言うから、遊んでたの……。遊ばなかったら、つっかえない……って顔されるから……。」


白さん:

「でも、一緒に遊んでたクァールちゃんは、ナイトちゃんのことを朝起こしに行ってたよ?」


ナイトちゃん:

「うん……朝だよ!! 起きて! なんで寝てるの!!顔舐めたろ!って言われた……。クァールちゃんの舌はザラザラしてるから、舐められると痛い……。でもそんなクァールちゃんも朝ごはん食べ終わったらスヤスヤだから……。いまも起きてるナイトちゃんのほうが偉い……。」


白さん:

「……ちなみに、ナイトちゃんはクァールちゃんが喋ってることが分かるの?」


ナイトちゃん:

「…………?」


白さん:

「いつも、クァールちゃんが○○って言うから!って言ってるから、ナイトちゃんは動物の言葉が分かるのかなって?」


ナイトちゃん:

「クァールちゃんは……喋らないよ……?」


白さん:

「えっ!!」


ナイトちゃん:

「ニャーって言われても、なに考えてるのか分からないから、人の言葉で喋って!ってよく思うし……。」


白さん:

「じゃ、じゃあ、いつもクァールちゃんが○○って言うからーっていうのは!?」


ナイトちゃん:

「……な、ナイショだよ!!もう!!せくはら!」


白さん:

「えー!! なんでー!!?ナイトちゃんの妄想だからじゃないの!?」


ナイトちゃん:

「ナイショ!!!!!」

ナイトちゃん:

「あたらしいエウレカは雪国なのかー。」


ナイトちゃん:

「さむーい、さむーい、雪国なのねー。」


ナイトちゃん:

「あたまに雪がつもって、まっしろになっちゃうよー。」


ナイトちゃん:

「って、ナイトちゃんはもともと真っ白でしょ!」


ナイトちゃん:

「なんてねー。白さんが居ないから自分でツッコミいれないとねー。」


ナイトちゃん:

「それにしても次は雪国かー。ナイトちゃんは冬眠しちゃいそうだよー。」


ナイトちゃん:

「えっ?この笠かしてくれるの?」


ナイトちゃん:

「わーい、ありがとー!」

ナイトちゃん:

「これをかぶれば、雪がふっててもだいじょぶだね!」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんは笠かぶってまるくなる~♪」

ナイトちゃん:

「しろくてまるっこいやつにはやく会いたい!」

ナイトちゃん:

 「ピンヒールが履きたい!」


白さん:

 「今日は唐突に始まる方なのね!」


ナイトちゃん:

 「履きたいな~って思って…。」 


白さん:

 「ピンヒールは脚が綺麗に見えるからいいよねー。」  



白さん:

 「まぁ、私は普通の靴でも綺麗に見えるから大丈夫だけどね!」


ナイトちゃん:

 「白さんはヒールの有るクツ履かないよねー。」


白さん:

 「冒険者だから、ヒールが有ると動きにくくて危ないのよ!」


白さん: 

「履き慣れていないと、こんな感じになってしまうからねー。」


ナイトちゃん:

「白さん……こんな生まれたてのお馬さんみたいになってしまって……!むごい……!!」


白さん: 

「えっ!? 惨くはないよ!」 


    

白さん:

「今日のPLLも盛沢山だったねー!」


ナイトちゃん:

「次のパッチが5月22日ってのも驚いた。」


白さん:

「ほんとに……?」


ナイトちゃん:

「某特製カレンダーのパッチ予想日と大きくズレていて驚いた……。」


白さん:

「そこだけは、ほんとうにごめんなさい!」


ナイトちゃん:

「あっ、ぷろでゅーさーけんでれくたーのひとだ!」


白さん:

「ちがうよー!」


ナイトちゃん:

「PLLでいろいろ発表されたけどー、白さんは何が一番気になった?」


白さん:

「わたしは、やっぱり24人レイドかなー。」


ナイトちゃん:

「なんか、今回はシナリオがのうこうっぽいねー。うれしい!」


白さん:

「火曜日に零式消化してから24人レイドに行けるか心配!」


ナイトちゃん:

「たぶん、無理じゃないかなぁ。」


白さん:

「やっぱり無理ぽいよねー。ナイトちゃんは何が気になった?」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんは、しろくてまるっこいやつ!」


白さん:

「ゆきんこっぽいやつねー。笠被ってて可愛かったねー。」


ナイトちゃん:

「あれのミニオン出たらぜったいほしいー!」


白さん:

「エウレカの新しい場所っぽかったし、3.35かねー?楽しみねー。」


ナイトちゃん:

「あとナイトちゃんは、松野さんが言ってたサベネアのご飯も気になる……。」


白さん:

「サベネアのご飯、たぶん辛いよ?」


ナイトちゃん:

「ナイトちゃんは、辛いのダメ!マイルドでお願いします……。」


白さん:

「なにはともあれ、5月22日はパッチ3.3!楽しみー!」