つい買っちゃうもの


ナイトちゃん:

「………………。」


白さん:

「あれ? ナイトちゃん帰ってたの? おかえりー。」


ナイトちゃん:

「ぴえっ!! し、しろさん! た、ただいみゃ!!」


白さん:

「んんー? どうしたの? 何かあった?」


ナイトちゃん:

「な、なんにもないよ~、べ、べつにね~!」


白さん:

「あっ、いまこっそり何か棚に置いたでしょ!」


ナイトちゃん:

「あー!ばれたー!!」


白さん:

「ナイトちゃん、また新しいコップ買ってきたのー? しかも重ねられないタイプのマグカップ! もう食器棚のなかナイトちゃんが「コレカワイイ~」って買ったコップばっかりで入りきらないよ~って昨日言ってたじゃない!」


ナイトちゃん:

「だ、だってカワイイだったんだもん! ほら! ネコの尻尾がついてるんだよ!」


白さん:

「今回はマグカップの中でも嵩張りやすいやつだね!」


ナイトちゃん:

「ちゃ、ちゃんとナイトちゃんと白さんの分、二色買ったから! お揃いだから!!」


白さん:

「うーん、じゃあ仕方ないかー。」


ナイトちゃん:

「ほっ……。」


白さん:

「使わない古い奴はチョコボ鞄にしまっておくね。」


ナイトちゃん:

「えー!ならべるからかわいいのにー!」